座長よりあいさつ


あなたの周りの社会は、こども中心にことが進んでいるでしょうか。

わたしたちの社会にあって、こどもは宝であり未来です。

日本は超高齢社会となり、高齢者の話題が中心になりがちです。健康面でいうと、がん、心血管疾患、糖尿病、COPDといった、いわゆる生活習慣病の予防に重点が置かれています。では、生活習慣病の予防はいつから始めるべきなのか。それは、こども時代からです。わたしたちの社会はいつも、未来が続いていく限り、こどもが中心にいなければならない、そのことはどんな時代であっても揺らいではならないことです。

わたしたち、神奈川県立こども医療センターの栄養サポートチームは、栄養という側面から、多職種が連携してこどもの健康を支援するチームです。活動を進めるにつけ、あまりにも情報・理解が少ないことに驚きととまどいを感じています。そしてさらに、新型感染症対策という新たな課題にも直面しています。そのような中でわたしたちは、こどもにとって必要な支援をたえず模索しながら実践していきます。このウェブサイトが、その一助となれば幸いです。


Is the society around you centered on children?

In every society, children are the treasure and the future.

Japan has become a super-aged society and tends to focus on the topics of the elderly. In terms of health, the emphasis is on the prevention of so-called non communicable diseases (NCD) such as cancer, cardiovascular disease, diabetes and COPD. So when should we start preventing non communicable diseases? It is from the age of children. Our society must always be centered on children, which should not be unchangeable at any time.

The nutrition support team of the Kanagawa Children’s Medical Center is a team that supports the health of children in collaboration with multiple professionals from the aspect of nutrition. As we proceed with the activities, we are surprised and confused by the lack of information and understanding about children’s nutrition. And we are also faced with the challenge of dealing with new infectious diseases. Under such circumstances, we continue to seek and practice the support for children. We hope this website introduce you some of our activities. Thank you for your attention.


神奈川県立こども医療センター
栄養サポートチーム 座長
高増 哲也 (アレルギー科)

Tetsuya Takamasu, M.D
Chairman, Nutrition Support Team
Kanagawa Children’s Medical Center